(AEAJ)アロマテラピー検定とは


(AEAJ)アロマテラピー検定とは(公益社団法人)日本アロマ環境協会(AEAJ)が実施している検定試験のことです。

(公社)日本アロマ環境協会(AEAJ)は1996年4月1日に設立され、以前は「日本アロマテラピー協会(AAJ)」と呼ばれていました。

けれども、環境省からの法人許可を受けて、2005年4月1日より「社団法人日本アロマ環境協会(Aroma Environment Association Of Japan=AEAJ)」となりました。

アロマテラピーに関する正しい知識の普及や調査、研究活動を行い、また各種資格認定(アロマテラピー検定、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト)など、様々なアロマテラピーに関連した活動を行っています。

(公社)日本アロマ環境協会(AEAJ)のHPではアロマテラピー検定について
「アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、家族・周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識を検定」とうたっています。

アロマテラピー検定は受験資格はとくになく年齢、経験などの制限はありません。 またどの級から受けてもかまいません。(2級を受けずに1級を受けることができます。)

アロマテラピー検定の合格率は高く、AEAJによると1・2級ともにおよそ90%です。

また、10代から70代まで幅広い年齢層の方が受験されています。


AEAJアロマテラピー検定資格の詳細は以下をどうぞ。

スポンサードリンク


アロマセラピー資格とアロマスクールのトップページに戻る