アロマテラピー検定1級


アロマテラピー検定1級はアロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います。

出題範囲は検定テキスト2級・1級

アロマテラピー1級の試験範囲は2級の内容に加え、アロマテラピーについての以下の事柄です。


  •  香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
  •  アロマテラピー利用法と基材
  •  精油のプロフィール(対象30種類)具体的な精油は下にあります。
  •  精油が働くしくみ
  •  ストレスや疲労に負けない健康学 
  •  アロマテラピーに関係する法律
など

試験は4択、出題数は60問です。

アロマテラピー検定1級で出題される精油の種類は2級の精油に加えて以下の17種類です。

  • カモミール・ローマン
  • クラリセージ
  • グレープフルーツ
  • サイプレス
  • サンダルウッド(白檀)
  • ジャスミン
  • スイートマージョラム
  • ネロリ
  • パチュリ
  • ブラックペッパー
  • フランキンセンス(オリバナム/乳香)
  • ベチバー
  • ベルガモット
  • ベンゾイン(安息香)
  • ミルラ(マー/没薬)
  • メリッサ(レモンバーム)
  • レモングラス
  • ローズアブソリュート
  • ローズオットー

香りテストで出題される精油は、2級で出題される精油に加え、カモミール・ローマン、クラリセージ、グレープフルーツ、フランキンセンス、ベルガモット、スイートマージョラム、レモングラスの7種です。
アロマテラピー検定試験の解答については次ページをご覧ください。→ アロマテラピー検定試験の解答について


AEAJアロマテラピー検定資格の詳細は以下をどうぞ。

スポンサードリンク


アロマセラピー資格とアロマスクールのトップページに戻る