アロマテラピー検定合格後の資格


アロマテラピーアドバイザーはアロマテラピーの知識を持ち、安全性や法律面から正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格です。

販売に携わったり、一般の人に安全なアロマテラピーをアドバイスをするのに適した資格となります。

AEAJのアロマテラピーアドバイザーになるには、まずアロマテラピー検定1級を受けて合格しなければなりません。

そして、アロマテラピー検定1級に合格したあとに、社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)に入会をし、会員になるとアロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講することができます。

社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の会員になるには入会金と年会費が必要になります。
検定の合否通知といっしょに入会申込書がはいっています。

アロマテラピーアドバイザー認定講習会は「認定スクール開催」と「AEAJ直接開催」があります。
「認定スクール開催」の実施日、申込み等の詳細は各認定スクールへお問い合わせください。
「AEAJ直接開催」は2月と8月に全国15都市にて開催されます。
受講料がかかります。

受講したあと、資格登録手続きをとるとアロマテラピーアドバイザーと認定されます。
資格登録認定料が必要となります (登録時のみ)。


アロマテラピーの資格とアロマテラピーの仕事、求人の詳細は以下をどうぞ。

スポンサードリンク


アロマセラピー資格とアロマスクールのトップページに戻る