独学 香りのテスト対策


アロマテラピー検定には、1級も2級にも香りのかぎわけテストがあります。
これは香りを嗅いで精油名を答える問題です。試験では1~2mlの小ビンに入った精油が全員に配られます。

2級は10種類、1級は2級の10種類に加えてさらに10種類、つまり20種類の精油が試験対象となります。
※ネロリとローズオットーは香りのテスト対象外になります。

【アロマテラピー検定2級対象の精油】
・イランイラン ・オレンジ ・スイート・ジュニパー ・ゼラニウム ・ティートリー
・ペパーミント ・ユーカリ ・ラベンダー ・レモン ・ローズマリー

【アロマテラピー検定1級対象の精油】
2級に加え以下の10種
・カモミール・ローマン ・クラリセージ ・グレープフルーツ ・サンダルウッド ・ネロリ※ ・フランキンセンス
・ベルガモット ・スイートマージョラム・レモングラス ・ローズオットー※
※ネロリとローズオットーは香りテスト対象外です。

香りのテストについては「検定精油セット」が便利です。 わたしも目をつぶって精油を取り、においを嗅いでそれが何の精油かを当てる練習をしていました。

検定を受けない人でも少しずつの量で10種類はいっているので、いろいろな精油を使ってみたい人にも便利なセットです。


アロマテラピー検定資格取得の勉強の対策方法の詳細は以下をどうぞ。

スポンサードリンク


アロマセラピー資格とアロマスクールのトップページに戻る

アロマテラピー検定におすすめ!

アロマテラピー検定テキストと精油がセットになったものやいろいろな組み合わせで購入できます。